慶大軸に混戦模様 早明法もV争い/東京六大学野球春季リーグ

東京六大学野球春季リーグは9日、神宮球場で開幕する。5季ぶりに2戦先勝の勝ち点制が復活。昨年、春秋リーグと全日本大学選手権を制した慶大を軸に混戦模様で、早大、明大、法大を加えた優勝争いが予想される。 慶大は投手力が鍵を握る。増居や速球派の生.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録