ボーナス減の改正法成立 国家公務員、0・15カ月分

 改正給与法が可決、成立した参院本会議=6日午前
 改正給与法が可決、成立した参院本会議=6日午前
2021年度の国家公務員ボーナス(期末・勤勉手当)を0・15カ月分減額し、4・30カ月とする改正給与法が6日の参院本会議で可決、成立した。今夏の支給分で調整する。 ボーナスを巡り人事院は昨年8月、2年連続の引き下げを勧告した。政府は例年、改.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録