ダーウィン帳面、見つかる 22年ぶりに英大で、経緯謎

 英ケンブリッジ大図書館で所在が分からなくなっていたダーウィンのノートに描かれていた「生命の樹」と呼ばれるスケッチ(同図書館提供・英PA通信=共同)
 英ケンブリッジ大図書館で所在が分からなくなっていたダーウィンのノートに描かれていた「生命の樹」と呼ばれるスケッチ(同図書館提供・英PA通信=共同)
【ロンドン共同】英ケンブリッジ大図書館で2000年以降、所在が分からなくなっていた19世紀の英自然科学者チャールズ・ダーウィンのノート2冊が約22年ぶりに館内で見つかった。BBC放送が5日、伝えた。何者かがこっそり返還したとみられるが、経緯.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録