100円ショップ市場拡大 節約志向が追い風に

 100円ショップの市場規模・店舗数の推移
 100円ショップの市場規模・店舗数の推移
100円ショップの国内市場規模が拡大している。原油や穀物の価格高騰に伴う生活必需品の値上がりが相次ぎ、消費者の節約志向が一段と強まっていることが追い風だ。帝国データバンクの調べによると、2022年度の売上高の合計は、21年度の約9500億円.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録