トップ会談実現もすれ違い 処理水放出決定1年、埋まらぬ溝

 全漁連の要望と国の回答のポイント
 全漁連の要望と国の回答のポイント
東京電力福島第1原発でたまり続ける処理水の海洋放出を巡り、岸田文雄首相と岸宏全国漁業協同組合連合会(全漁連)会長が5日、意見を交わした。「断固反対」と譲らない全漁連の反発を振り切る形で菅義偉前首相が放出の基本方針決定に踏み切ってから1年を目.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録