天鐘(4月6日)

昭和の名人と言われた落語家の8代目・桂文楽。ある日、噺(はなし)の途中で登場人物の名をど忘れしてしまう。しばし沈黙、そして深々と頭を下げた。「申し訳ありません。勉強し直して参ります」▼時に文楽、78歳。そのまま楽屋に消え、二度と高座には上が.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録