廃棄物建屋の増設を申請/原燃、規制委に

日本原燃は5日、ウラン濃縮工場(六ケ所村)で発生する、比較的レベルが低い放射性廃棄物を保管する建屋を増設するため、原子力規制委員会に詳細設計の認可(設工認)を申請したと発表した。2023年度の完成を予定している。 原燃によると、200リット.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録