初の長編挑戦、三戸でロケ 大学生らの映画製作団体 町民がエキストラ参加

三戸町中心商店街を通行止めにして行われた、エキストラが参加するシーンの撮影(27日)=写真上=と、エキストラの三戸町民と共に、撮影した映像を確認する山﨑すがら代表(右手前)と石橋宙大さん(左手前)=同日、同町
三戸町中心商店街を通行止めにして行われた、エキストラが参加するシーンの撮影(27日)=写真上=と、エキストラの三戸町民と共に、撮影した映像を確認する山﨑すがら代表(右手前)と石橋宙大さん(左手前)=同日、同町
全国各地の大学生らが結成した映画製作団体「黎地フィルム」(山﨑すがら代表)が3月20~27日、三戸町で映画のロケ撮影を行った。作品のタイトルは「日本一の晴れ男」。コロナ禍で思うように学生生活を送れない中、「社会に復興への希望をもたらしたい」.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録