【ウクライナ侵攻】虐殺や拷問、「戦争犯罪」追及へ キーウ近郊に410遺体

 3日、集合住宅の庭につくられた墓地の横で、海軍にいた夫の死を嘆く女性=ウクライナ首都キーウ近郊ブチャ(ロイター=共同)
 3日、集合住宅の庭につくられた墓地の横で、海軍にいた夫の死を嘆く女性=ウクライナ首都キーウ近郊ブチャ(ロイター=共同)
【リビウ(ウクライナ西部)共同】ウクライナ当局は3日、ロシア軍が撤退したキーウ(キエフ)州で市民410人の遺体が確認されたと発表した。「虐殺や拷問があった」とし、「戦争犯罪」の立証のため遺体の司法解剖や捜査を進め、国際刑事裁判所(ICC)に.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録