困った時の“お助け坊主”中野さん 職歴生かし支援活動に汗

社会福祉法人みやぎ会へお菓子を寄贈する中野太陽さん(左)
社会福祉法人みやぎ会へお菓子を寄贈する中野太陽さん(左)
八戸市豊崎町の普賢院で僧侶として修行する、自称「お助け坊主」の中野太陽さん(41)は、同市尻内町の障害者就労支援施設「就労継続支援ひかり」の職員として働きながら、これまでの職歴を生かした支援活動に汗を流している。「僧侶としては、車の運転に例.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録