パルスオキシメーター30台寄贈 県信用金庫協会、八戸市に

寄贈したパルスオキシメーターについて熊谷雄一市長(左)に説明をする益子政士会長(左から2人目)ら
寄贈したパルスオキシメーターについて熊谷雄一市長(左)に説明をする益子政士会長(左から2人目)ら
新型コロナウイルス対応に役立ててもらおうと、青森県信用金庫協会(益子政士会長)は3月28日、指先で血中酸素濃度を測定する「パルスオキシメーター」30台を八戸市に寄贈した。 同協会が新型コロナ対策として自治体に贈るのは昨年に続き2回目で、昨年.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録