自立への一歩に支えを 親族頼れぬ若者に懸念/18歳成人

 現在の暮らしの中で困っていること
 現在の暮らしの中で困っていること
さまざまな事情で実の親と離れたり、児童養護施設や里親といった「社会的養護」の元で育つなどした若い世代には、成人年齢が18歳になったことへの不安もある。一人でクレジットカードやアパートの契約ができるようになった一方、身近に相談相手がいなければ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録