【青銀、みち銀経営統合】寡占でも「利用者第一」を

青森銀行とみちのく銀行の経営統合による巨大地銀グループの誕生で、青森県内の金融業界は事実上「地銀1強」時代に突入する。独禁法特例法の適用によって容認された寡占状態。両行頭取は「地域のための決断」と繰り返し強調してきた。具体的な成果を上げ、地.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録