庁舎移転「国の支援あるべき」 津波浸水想定受け達増知事

防災対策目的の庁舎移転に対し、国の財政支援の必要性を訴える達増拓也知事=1日、岩手県庁
防災対策目的の庁舎移転に対し、国の財政支援の必要性を訴える達増拓也知事=1日、岩手県庁
岩手県の達増拓也知事は1日に県庁で開いた定例会見で、県が3月に公表した最大クラスの津波浸水想定を受け、一部自治体が庁舎移転を検討する方針を示していることについて、「国は国土強靱化(きょうじんか)に取り組んでいる。(防災対策のための移転に対す.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録