Free「おいらバス」きょう運行開始 予約制、指定場所から乗車可能/おいらせ

テープカットで「おいらバス」の運行開始を祝う関係者ら
テープカットで「おいらバス」の運行開始を祝う関係者ら

おいらせ町は4月1日から、予約に応じて運行するデマンド型乗り合いバス「おいらバス」の運行を始める。新たな住民サービスの開始で、交通の利便性向上へ期待が高まっている。

 バスは誰でも利用でき、毎日午前8時~午後6時に最大8人乗りのワゴン車4台(土、日曜、祝日は3台)が町内全域を走る。4台のうち1台は車いすのまま乗り降りできる。

 電話かスマートフォンのウェブサイトで乗降場所と時間を予約する。自宅など指定した出発地から乗ることができ、バス停までの移動が不要となる。料金は1人1回乗車で中学生以上500円、小学生200円。乗り合いの場合は中学生以上300円、小学生100円。未就学児は無料。運行事業者は三八五交通で、百石タクシーと円徳タクシーが共同運行する。

 おいらバスの運行開始に伴い、町民バスは北線の朝夕1便ずつが残り、日中は市街地循環線7便を運行する。

 町は2019年度から乗り合いバス事業に着手。町内各地区で住民説明会を開いたり、先進地の岩手県紫波町の担当者と意見交換したりするなどして準備を進めてきた。

 31日、町役場本庁舎前でセレモニーが開かれ、成田隆町長ら関係者約20人が出席。成田町長が「多くの皆さまにご利用いただき、出掛ける機会が増えればうれしい」と期待を寄せた。「おいらバス」と名付けた八戸市立八戸小の中村ゆり子さん(8)には、記念品が贈られた。

 バスの予約は、受付センター=フリーダイヤル(0120)025385=かQRコードからアクセスできる。

………………………………………

※地域のニュースはデーリー東北で。まずはアプリをダウンロードしてお試しください。無料コンテンツもたくさんあります。
https://www.daily-tohoku.news/user-guide-app

お気に入り登録