【ウクライナ侵攻】静寂、涙、不安の首都キエフ/綿井氏、緊急ルポ

 毎日午前10時から午後4時までの間、マリアさんは路上で花を売っている=3月27日(撮影・綿井健陽、共同)
 毎日午前10時から午後4時までの間、マリアさんは路上で花を売っている=3月27日(撮影・綿井健陽、共同)
ロシア軍はウクライナ南東部への攻勢を強めている。停戦交渉は難航し、戦闘の激化に歯止めがかかっていない。ウクライナの首都キエフに23日入ったフリージャーナリストの綿井健陽さん(50)が、ロシア軍との膠着(こうちゃく)状態が続く現地の様子をルポ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録