Free【里の大樹】館神社のモミ(階上)

地域を見守ってきた「館神社のモミ」=2021年6月
地域を見守ってきた「館神社のモミ」=2021年6月

階上町道仏の館神社境内にある、青森県最大級の「館神社のモミ」は推定樹齢400年。幹周りは6・27メートルあり、樹高は28メートルに達する。モミの花言葉には「時間」などがあり、この大樹が長い間、地域を見守ってきたイメージと重なる。

 町史などによると、現在同神社が立地する場所には、かつて道仏城があった。付近に川が流れる高所であり、守りに強い地形だったという。約400年前、後継者争いなどを背景にした代理戦争に当時の城主赤松吉時が巻き込まれ、落城したと記録が残る。

 御神木のほか、モミ属の木々がクリスマスツリーに使われるなど、モミの木を神聖視する文化は世界に共通しているようだ。

お気に入り登録