日向灘、南西諸島でM8級 政府調査委が長期評価 沖縄でM7級90%以上

 長期評価の対象領域と想定される地震
 長期評価の対象領域と想定される地震
政府の地震調査委員会(委員長・平田直東京大名誉教授)は25日、巨大地震が想定されている南海トラフに隣接する日向灘や南西諸島で新たにマグニチュード(M)8の巨大地震3タイプが起き得るとする30年間の「長期評価」を公表した。沖縄・与那国島周辺の.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録