将棋“大山名人”最後の封じ手 おいらせの中戸さん、町に寄贈

成田隆町長(右)へ封じ手を手渡す中戸俊洋さん=写真上=と、おいらせ町へ寄贈された大山康晴十五世名人直筆の封じ手
成田隆町長(右)へ封じ手を手渡す中戸俊洋さん=写真上=と、おいらせ町へ寄贈された大山康晴十五世名人直筆の封じ手
将棋棋士の故大山康晴十五世名人が現役名人として臨んだ最後の名人戦(1972年第31期名人戦7番勝負第7局、対中原誠十六世名人)で、大山氏本人が記した「封じ手」が22日、日本将棋連盟名誉会員の中戸俊洋さん(79)=おいらせ町在住=から町に寄贈.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録