たき火で炊事、命つなぐ ルポ・マリウポリからの避難民証言

 ウクライナ南東部マリウポリから退避する人たち=18日(ゲッティ=共同)
 ウクライナ南東部マリウポリから退避する人たち=18日(ゲッティ=共同)
「何もかも置いてこなければならなかった。戦争なんて大嫌いだ」。母親さえ連れ出せなかった女性の苦悩は、激戦地を離れても続いていた。ロシア軍が包囲し、壊滅的被害が出ているウクライナ南東部マリウポリから「人道回廊」を通って脱出した住民が22日、列.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録