Freeイメージガールに「りんご娘」 青森県民共済20周年

イメージガールに就任した「りんご娘」と大瀬良一理事長(中央)=11日、青森市
イメージガールに就任した「りんご娘」と大瀬良一理事長(中央)=11日、青森市

青森県民共済生活協同組合(大瀬良一理事長)は11日、同組合の創立20周年イメージガールに、ご当地アイドル「りんご娘」を起用すると発表した。活動は4月から1年間。同組合の主催イベントやテレビCMなどに出演する。
 生命共済や火災共済を扱う同組合は1999年4月1日に事業開始。2012年には共済加入数が15万件を突破し、1月末現在は約19万件となっている。
 イメージガールは20周年を迎え、創立時からの歩みや新たな取り組みを県民に知ってもらおうと、同じく結成20年目を迎えるりんご娘を任命した。
 青森市での発表会で、大瀬理事長が「今後もさらなる発展を目指して新たなスタートを切りたい」とあいさつ。りんご娘が4月から放映されるCMで流れる共済のイメージソング「ひるがお」を披露した。
 取材に対し、りんご娘リーダーの王林さんは「私たちも20年目。これから一緒に盛り上げていきたい」と意欲を見せた。
 りんご娘が出演するテレビ・ラジオCMは4月から1年間放送。同組合が10月と12月に青森市で開くイベントにも出演する予定。