経産省が東電管内の逼迫警報解除 太陽光で需給緩和

 22日からの電力需給緩和の取り組み
 22日からの電力需給緩和の取り組み
経済産業省は23日、東京電力ホールディングスの管内1都8県に21日から発令していた電力需給逼迫(ひっぱく)警報を午前11時に解除した。日射量が増えて太陽光発電が稼働するため、電力需給が緩和される見通しだと説明した。供給余力は依然十分とは言え.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録