円相場6年ぶり120円台 日米金利差拡大で急落/輸入物価さらに上昇も

連休明け22日の東京外国為替市場の円相場は、利上げを加速させる米国と金融緩和姿勢を崩さない日本との間で金利差が拡大するとの観測から、円を売ってドルを買う動きが急速に進み、一時1ドル=120円台半ばを付けた。2016年2月以来、約6年1カ月ぶ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録