【ウクライナ侵攻】言葉の壁、乗り越え支援 来日避難民向けに相談窓口

 ウクライナからの避難民受け入れを表明した清風情報工科学院の平岡憲人校長(左から2人目)ら=17日、大阪市阿倍野区
 ウクライナからの避難民受け入れを表明した清風情報工科学院の平岡憲人校長(左から2人目)ら=17日、大阪市阿倍野区
ロシアによる侵攻が続くウクライナからの避難民受け入れに備える動きが広がっている。言葉の壁を乗り越えようと、自治体は相談窓口の設置や通訳の募集を始め、民間の教育機関も日本語の習得を支援する準備を進める。 ウクライナでは公用語のウクライナ語と、.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録