Free詐欺防止へATM限度額引き下げ 青森県警、県内3金融機関に感謝状

感謝状を手にする(前列左から)相馬均常勤理事、田村強常務執行役員、白戸均業務部長
感謝状を手にする(前列左から)相馬均常勤理事、田村強常務執行役員、白戸均業務部長

青森県警(櫻井美香本部長)はこのほど、現金自動預払機(ATM)の振り込みや引き出しの限度額を引き下げるなど特殊詐欺防止に貢献したとして、青森銀行、青い森信用金庫、東奥信用金庫に感謝状を贈った。

 青銀は2月1日からATMでの振り込み限度額を1日当たり200万円から100万円に引き下げた。青い森信金と東奥信金は昨年6月21日から70歳以上の引き出しと振り込みの限度額を30万円に引き下げた。ほかにも3行はATM設置場所での声掛けや警戒活動を実施し、詐欺被害防止に力を入れている。

 青森市の県警本部で開かれた贈呈式では、櫻井本部長が青銀の田村強常務執行役員、青い森信金の相馬均常勤理事、東奥信金の白戸均業務部長に感謝状を手渡し、「限度額の引き下げは非常に効果を示している。職員の積極的な声掛けで、多くの方があと一歩のところで助かっていると思う」と謝意を伝えた。

 田村常務執行役員は取材に「今後もさまざまな詐欺の事例を踏まえて、関係機関と協力して措置を講じていきたい」と述べた。

………………………………………
※地域のニュースはデーリー東北で。アプリはこちら。
https://www.daily-tohoku.news/user-guide-app

お気に入り登録