Free警報級の大雪に注意を 交通障害、施設被害も警戒/青森県内

急速に発達した低気圧の影響で、19日の青森県内は湿った雪が降り、大雪となる見込みだ。三八上北は夕方にかけて警報級の大雪となる可能性がある。青森地方気象台は交通障害のほか、建物や農業施設への被害に警戒するよう呼び掛けている。

 19日午後6時までに予想される24時間降雪量は、いずれも多い所で三八上北の山沿いで50センチ、平地で40センチ、下北の山沿いで40センチ、平地で30センチなど。電線や樹木への着雪、なだれにも注意が必要だ。

 大雪が見込まれることから、JR東日本盛岡支社は、八戸線で19日始発から午後4時ごろまで上下計11本、大湊線で同日始発から午後2時ごろまで上下計8本の運転を見合わせることを決めた。

 青い森鉄道も19日、野辺地―八戸間で上下2本を運休する。

お気に入り登録