12月宿泊コロナ前上回る 八戸市内、ビジネス客回復 年明け以降は感染拡大で減

八戸市は15日、新型コロナウイルスによる市内の観光、宿泊への影響調査結果を公表した。新たに公表された直近3カ月分(2021年11月~2022年1月)の主要22施設の宿泊者数は、21年12月に新型コロナ前の19年同月を5・4%上回るなど改善し.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録