三沢・天ケ森の改良国道338号、18日供用開始

青森県は18日午後2時半、改良工事を進めてきた三沢市天ケ森の国道338号(1340メートル)の供用を始める。架け替えた高瀬川第二橋(67・5メートル)も開通する。 新道は片側1車線で、2013年度に事業着手。幅員は8メートルで現道から2メー.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録