「固有の領土」主張復活 ロシア孤立で首相強気

 「北方領土は日本固有の領土」主張の変遷(似顔 本間康司)
 「北方領土は日本固有の領土」主張の変遷(似顔 本間康司)
岸田文雄首相が、安倍政権下で事実上封印された「北方領土は日本固有の領土」だとする主張を復活させた。ロシアのプーチン大統領の顔色を見ながら領土問題解決の糸口を探る従来方針を転換し、強気の姿勢を示した形だ。ウクライナ侵攻で国際的に孤立したプーチ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録