自民、原発活用の声強く 安定発電、資源高に対応/攻撃リスクも、議論に影響

 原発推進派と慎重派の主な意見
 原発推進派と慎重派の主な意見
ロシアのウクライナ侵攻をきっかけに、自民党や経済界から原発の活用を求める声が強まっている。原油や天然ガスの調達が滞っても国内で安定的に発電できるようにし、海外の政情不安や資源高のリスクを抑える狙いがある。一方、ロシアの侵攻は、原発が攻撃対象.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録