東電への国費支援10兆円超 10年経過、脱国有化に難路

 福島第1原発事故の対応費用
 福島第1原発事故の対応費用
2012年の実質国有化から今年で10年になる東京電力への国費による支援が10兆円を超えたことが11日、分かった。福島第1原発事故の対応費用は賠償や廃炉、除染など総額21兆5千億円が見込まれ、うち15兆9千億円が東電負担となる。東電は電気料金.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録